丸美屋、麻婆系新調味料を発売へ

食品メーカーの丸美屋は近く、麻婆系の新しい調味料を市場に投入する。これまで豆腐、ナス、春雨にほぼ限定されていた麻婆料理の幅を広げ、新しい需要の掘り起こしにつなげたい考えだ。

すでにレトルトの麻婆系食品は複数のメーカーから販売されているが、分量が多くて一度にすべて使い切るタイプであることから「ちょい足し」やトッピングには向かなかった。丸美屋が12月21日に発売するのは「Murbo Charger」(オープン価格)。100グラムずつビニール製のチューブに包装されているため、少しずつ使うことができる。同社では、多彩な食品に麻婆味を「充填」してほしいとの願いを込めて、商品名に”Charger”を加えたとしている。

当面は辛口の1種類だけだが、売れ行き次第では甘口を加えた1箱2個入り商品「Twin Murbo」、中華料理店の旺盛な需要に応える930グラム入りの業務用「930 Murbo」を市場に投入する用意もある。クールな食感で涼しさを演出するミント入り「Murbo Charger with Intercooler」の発売は来年夏になる見通し。

スーパーやコンビニなど従来の販路に加えて、オートバックス、イエローハットなど自動車用品店でも販売する。20日の朝、丸美屋の工場からは、フロントバンパーに”MURBO”のロゴを左右逆にしたステッカーを貼りつけた配送トラックが、全国の販売店に向けて次々と出発した。

カテゴリー: パーマリンク