今日はなんの日?

6月27日

1600年のこの日、ロンドンで東インド会社が世界で初めての株主総会を開いた。出席したのは出資した貴族など31人。経営陣の示した方針に一部の株主が反発し退場する一幕があったが、結局はインド、東南アジアとの貿易を積極的に推進するという方針が了承された。以後、東インド会社は膨大な利益をもとにインドの王族から権力を奪い、実質的なインド統治者として君臨することになる。

日本でも6月27日は<株主総会の日>。上場企業の9割が株主総会を開く。

6月27日

1600年のこの日、ロンドンで東インド会社が世界で初めての株主総会を開いた。席上、出資した貴族の一人、ブラックメイル伯爵が船舶購入をめぐり重役の多くがリベートを受け取っていた事実を明らかにした。ところが経営陣は、伯爵が東インド会社を繰り返しゆすっていたことを逆に暴露した。激怒した伯爵はティーカップを机に叩きつけて退場した。

インド支配に悪影響が及ぶことを恐れたエリザベス一世は、ブラックメイル伯爵に刺客をさしむけたが、伯爵は国外に逃亡、中東、モンゴル、朝鮮半島を経て、最後は鎖国前の日本にたどり着いたとの言い伝えも残っている。

日本では、6月27日は<総会屋の日>。上場企業の9割が総会屋対策に頭を悩ませる。

カテゴリー: 歴史 パーマリンク