東京都議選、国政への影響は?

 麻生太郎首相は11日夜、親しい国会議員数人との会食のなかで、12日に投開票が行われる東京都議会議員選挙の結果は「国政には直接影響しない」と述べた。政界に定着しつつある「都議選は前立腺」との見方に異を唱え、引き続き政権運営にあたる意志を強調したとみられる。

 これに対して民主党の鳩山由紀夫代表は12日朝、「都議選での民主党の大勝は確実。都議選イコール前立腺であり、大量の前立腺液を分泌することで、いよいよ政権交代の準備が心身ともに整った」と語るなど、都議選の勢いを保ったまま総選挙を闘う意欲を示した。

 自民党内部では、都議選の結果次第では今後の国政運営に重大な支障をきたすとの懸念が広がりつつある。「首都・東京で民主党が存在感を増し、国家政策がチョロチョロとしか打ち出せない状況は前立腺肥大症に等しい」と、町村派の古参議員は指摘する。

 11日夜に都内で開かれた自民党国会議員の会合では、野田聖子・消費者行政担当相など女性議員らが「前立腺はしょせん前立腺に過ぎない。都議選の結果がたとえ悪くても、必要以上にくよくよするのはいかがなものか」と発言、一部の男性議員から「おまえたちにオレの悩みがわかるものか」と猛反発を受け、すぐに発言を撤回する場面もあった。

カテゴリー: 政治 パーマリンク