商品混合犯を逮捕

 新潟市内のスーパーで大量の商品が混合されているのが見つかった事件で、新潟県警は8日、会社員の男性(45)を威力業務妨害の容疑で逮捕した。

 新潟県警のこれまでの調べによれば、男性は2月24日に中堅スーパーの「越後プラザ」冷凍食品売場で、3色アイスクリームのコーヒー、バニラ、ストロベリー部分を混ぜ合わせたほか、3月1日には清潔用品売場でカラフルな3色歯磨きをムラのない1色にした。4日には調味料売場で、あわせ味噌がかくはんされ、ピンク味噌に変質しているのが発見されたが、新潟県警ではこの男性が関与しているとみて追及を続けている。

 動機について、男性は固く口を閉ざしており、弁護士との接見、ウルトラQのビデオ差し入れを繰り返し要求しているという。

 混合された商品は大幅に値引きされ販売されているが、売れ行きはさっぱり。中華風ドレッシングだけはビンを振る必要がなくなったため、開店前から行列ができるほどの人気だ。

カテゴリー: 社会 パーマリンク