歌会始で中学生が初の入選

来年1月14日に宮中で催される歌会始で、佐賀県の中学生、山口智君が入選した。最年少記録が更新されるのは50年ぶり。中学生の入選はこれが初めてだ。

今年のお題は「青」。山口君は同級生が担任に喫煙を注意されてむかつき、額に青筋を浮かべ、担任の顔に青いあざができるまでの様子を「五七五七七」で鮮やかに表現した。ただ、担任は「殴られたのは、31回では済まないと思う」と語っている。

山口君が通う中学校は祝賀ムード一色に包まれている。25日夜からは火炎瓶や金属バットで武装した生徒やOBが校舎を占拠し、窓ガラスを割るなどして気勢を上げた。校長は機動隊に出動を要請し、「青ヘル着用のこと」と付け加えた。

カテゴリー: 文化 パーマリンク