衝撃の証言

「目を閉じれば、いまでも当時の情景を鮮明に思い出すことができます。クリントンはこともあろうに、黒いマジックではっきりと、大きな耳とつぶらなひとみを書き加えていたのです」─── 原告 ポーラ・ジョーンズさん

=写真= 図面を指し示しながら、「ゾウのようでもゾウじゃない」と強い口調で反論するマカリー・アメリカ大統領報道官。

カテゴリー: 国際 パーマリンク