カラ出張再発防止策

カラ出張やカラ会議など一連の公金不正支出問題に揺れる北海道庁は、再発

防止策をまとめ、全職員にこれを通知した。内容は次の通り。

  • 民間企業との会合で若鶏のカラ揚げを注文するのはやめ、極力エビ天で統一すること。
  • 急いでいる時でも、カラーコピーを「カラコピー」と短縮して発音するのは避けること。
  • カラ吹かしはエンジンの故障の原因になることがあるので注意すること。
  • 草野球に参加した職員が見逃し三振するのは構わないが、カラ振りで三振した場合には速やかに辞表を提出すること。
  • 官官接待の際、できるだけカラオケは使わず、本物のオーケストラに演奏を依頼すること。この場合、間違ってもカラヤンに指揮を頼んだりしないようくれぐれも注意すること。
カテゴリー: 政治 パーマリンク