サッカー日本代表監督に慶大佐藤研が内定

 複数の日本サッカー協会関係者によれば、次期サッカー日本代表監督に「慶應義塾大学佐藤雅彦研究室」が内定した模様。サッカーチームが組織に指導されるのは異例で、人選の是非が議論を呼びそうだ。

 ある協会幹部はこの人選の理由に、世界のサッカーの潮流の変化を挙げる。「例えば日本対ベルギーの試合終了間際にもぎ取られた1点は、奇跡的なパスの連続の結果だった。これまで日本代表はパスの精度を挙げることに心血を注いできたが、奇跡を当たり前のように実現する手法こそ重要だとの認識が、欧州や南米の強豪国には広がっている」

 慶大佐藤研究室はありふれたモノを組み合わせて奇跡的な動作を実現する「ピタゴラ装置」で豊富な実績を残してきた。その決定力は世界レベルとも言われる。関係者の間では、サッカーにもピタゴラ装置の概念を導入することで、ベルギーなどの強豪国が特異とする奇跡的なボールのつながりが日本代表にも可能になるとの期待が高まっている。

 早ければ今年の秋にも新監督の下で新しいサムライ・ジャパンが発足し、ボール代わりにビー玉を使った練習が始まる見通しだ。

カテゴリー: スポーツ パーマリンク