iPhone 日本市場依存鮮明に

 9月7日、米サンフランシスコで行われたアップルの新製品発表会。事前に予測されていた通りに新型iPhoneの発表が始まり、会場を埋め尽くしたプレスや販路の関係者は湧いたが、ステージ上でティム・クックCEOが新商品の名称を口にした瞬間、戸惑いの空気が会場を包んだ。

 「アイ・フォン・ナナ」

 背後のスクリーンに「Nana = Seven」との字幕が表示され、出席者は意味を理解したが、それとともに新しい疑問が彼らの心中に生じたのも事実だ。

 「そこまで日本市場を重視する必要があるのか」

 この疑問に、アップルの幹部や大部分のIT業界アナリストは「ある」と即答する。この夏に累計販売台数が10億台を突破したiPhoneは人類史上最も多く売れた製品だが、今年の販売台数は前年を数パーセント下回るのが確実。新興国を中心に中国メーカーの開発した廉価な商品がアップルからシェアを奪っているのだ。

 例外的な市場が日本だ。なおも多くのスマートフォンユーザーがiPhoneブランドに忠誠を誓い、歴代の新モデルが発表されるたびに主要なキャリアが販売キャンペーンを展開すると、ショップは新規客、買い替え客で賑わう。

 「7をあえて日本語読みにすることで、アップルとしても日本重視の姿勢を打ち出し、現在のユーザーを繋ぎとめようとしているのだろう。アップル社内の販促会議で使用される資料には、当たり前のように“Otokuisama”という言葉が頻出するとの証言もある」(ワールモール・リサーチの上級アナリスト、グルザーリー・ラール氏)

 異例とも言える日本びいきは読み方だけではない。日本での電車利用に欠かせないFelica対応、任天堂と提携しての「マリオ」ゲームアプリの導入…。発表会には間に合わなかったが、年内のアップデートで俳句歳時記も新たに搭載する見通しだ。

 日本国内のメディアの多くは、iPhoneの新機種について大々的に報じており、主要キャリア3社も前モデルと同様の売れ行きに期待する。一方、欧米市場や新興国市場での見通しは不透明で、今後日本市場への依存度がさらに高まる可能性もある。

 気の早いITウォッチャーの間では、「来年の今頃には“Nana”に続く“捌”が発表される」との見方が強まっている。

カテゴリー: IT パーマリンク