テレビ離れは磁力離れが原因か?

 テレビの視聴率が下落している最大の原因は、液晶パネルの普及で強力な磁場がテレビから消えたこと──飛鳥山大学の北嶋暢夫教授が明らかにしたそんな研究結果が、テレビ業界に波紋を広げている。

 日本人がテレビの視聴に費やす1日あたりの平均時間は1975年の1時間47分をピークに減少し続けており、2013年には44分に。45分を下回るのは50年ぶりだ。

 従来指摘されてきた要因には、娯楽の多様化、インターネットの動画サイトの流行、コンテンツのマンネリ化などがあるが、家電メーカーでテレビ開発に携わった経験を持つ北嶋教授が注目したのは、15年ほど前までテレビの基幹部品だったブラウン管と、現在生産されているテレビのほぼすべてに搭載されている液晶パネルの違いだ。 253人の飛鳥山大の学生を対象に行った聞き取り調査からは、小学生のころに実家の居間のテレビがブラウン管だった人の現在のテレビ視聴時間は、液晶テレビだった人を18%上回っていることが明らかになった。

 ブラウン管では、電子銃から発射される電子が画面の蛍光物質に衝突した瞬間に発光する現象を利用して映像を描くが、電子の動きを制御するために搭載されているのが強力な電磁石。一方、液晶テレビには磁石がない。この違いがユーザーの視聴行動にも影響していると北嶋教授は見ている。

 マウスを使った実験では、液晶テレビの前に置かれたエサよりも、ブラウン管テレビの前に置かれたエサを好んで食べる個体の方が3%多かった。北嶋教授は「体内に含まれる微量の鉄分が ブラウン管の磁力に引き寄せられた可能性がある」と指摘する。

 視聴者の減少に悩むテレビ業界には磁力への期待感が広がるが、内外のブラウン管工場はほとんどが廃業しており、ブラウン管テレビの復活は望み薄。業界関係者は今年の夏から北嶋教授が着手する「MRI付きテレビ」を使った実験の結果に注目する。

カテゴリー: 社会 パーマリンク