BTTFイベントにデコトラ2台出現

 2015年10月21日は、30年前に第一作が公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で主人公が訪れた「未来の日」。都内で開かれた記念イベント会場には、ファンが注目するなか電飾を施された大型トラック2台が過去から現れ、唖然とする観客を残してすぐに消滅した。

 この日、都内の会場には映画の熱心なファンが集まり、1985年から主人公を載せたデロリアンがタイムスリップして出現するかどうかに注目が集まった。ところが、カウントダウン直後に炎のタイヤ跡を引きながら虚空から出現したのは2台の大型トラック。それぞれ「一番星桃次郎」「やもめのジョナサン」のイラストが施され、車体は鮮やかな電飾で覆われていた。

 居合わせた人によれば、「一番星桃次郎」は角刈りの痩せた男、「やもめのジョナサン」はハンチング帽の男によって運転されていた。「やもめのジョナサン」が消えた直後、テーブルを叩くような音とともに「はい消えた!」という声が聞こえたとの証言もある。

 SF映画に詳しい評論家は「40年前に第一作が公開された『トラック野郎シリーズ』が急カーブでハンドル操作を誤って違う映画の記念イベントに迷い込んだのではないか」と指摘する。一方、「我々の知らないパラレルワールドで、どういうわけかタイムマシンのベース車に、デロリアンではなく三菱ふそう・T951型が選ばれたのかもしれない」との見方を示す専門家もいる。

カテゴリー: 文化 パーマリンク