月別アーカイブ: 2006年2月

月例経済報告、15年ぶりの太ゴシックへ

 内閣府は近く発表する2月の月例経済報告を、1991年5月以来、約15年ぶりに太ゴシック体で記述する方針を固めた。設備投資に続いて個人消費も順調に回復しているため。国内景気がビジュアル的にも力強さを増している。  月例経 … 続きを読む

カテゴリー: 経済 | 月例経済報告、15年ぶりの太ゴシックへ はコメントを受け付けていません。

米農務省、金メダリストをキャンペーンに起用

 米国農務省は、トリノ五輪の男子スノーボード・ハーフパイプで金メダルを獲得したショーン・ホワイト選手を、日本市場向け牛肉販売キャンペーンに起用すると発表した。キャンペーンのコピーは「食ってるものが違う」。日本のテレビで放 … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | 米農務省、金メダリストをキャンペーンに起用 はコメントを受け付けていません。

トリノ五輪関係の報道を自粛

 報道各社は協定を結び、16日からトリノ冬季五輪関連の報道を全面的に自粛している。五輪開始前の過熱した報道合戦のなかで「メダルの有力候補」と紹介され、プレッシャーを感じた選手の成績が低迷するなか、報道機関への批判が高まっ … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ | トリノ五輪関係の報道を自粛 はコメントを受け付けていません。

少子化対策、抜本的に見直し

 政府の少子化問題対策諮問会議が中間報告をまとめた。経済的な誘因を用意したり、母親が子育てしながらでも働きやすい社会をつくるといった従来の手法では効果が上がらないことを認め、対策の方向を根本的に改める内容だ。  中間報告 … 続きを読む

カテゴリー: 教育 | 少子化対策、抜本的に見直し はコメントを受け付けていません。