環境」カテゴリーアーカイブ

地球温暖化の「真犯人」に「信憑性なし」

 地球が次第に温暖化して生態系や人々の暮らしに深刻な影響を及ぼし始めているとされる問題について、週刊新潮が「真犯人」を名乗る男性の手記を2月下旬から掲載している。気象庁は事態を重くみて週刊新潮の記事の内容を検証したが、手 … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | 地球温暖化の「真犯人」に「信憑性なし」 はコメントを受け付けていません

「おにぎり温めますか?」を全面的に自粛

 コンビニ大手各社でつくる日本コンビニエンスストア協会は、二酸化炭素(CO2)排出量の抑制を目的に、2月からレジでの「おにぎり温めますか?」の問いかけを全面的に自粛することを決めた。  コンビニ各社のレジではおにぎりを買 … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | 「おにぎり温めますか?」を全面的に自粛 はコメントを受け付けていません

地球に優しくハッカで涼む

 北海道北見市郊外の丘陵地帯。オホーツク海から吹いてくる風が心地よいのは、季節が秋を迎えて涼しくなったことだけが理由ではない。鼻の奥までヒンヤリとするようなクールな香りの正体は、見渡すかぎりの畑に植えられたハッカから揮発 … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | 地球に優しくハッカで涼む はコメントを受け付けていません

温暖化の影響、角界でも深刻

 日本相撲協会の付設研究機関、心技体科学研究センターが、地球温暖化が角界に与える影響について予測をまとめた。相撲の姿が根本から変わる恐れもあり、国内で温暖化への関心が高まる契機になりそうだ。  同センターでは超高速計算が … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | 温暖化の影響、角界でも深刻 はコメントを受け付けていません

外来生物法、不安のなか施行

 6月1日、特定外来生物被害防止法(外来生物法)が施行された。ブラックバスをはじめとする外来生物の駆除への期待が高まる反面、施行の日を不安な気持ちで迎えた人も少なくない。 「こんなザル法では外来生物の侵入は食い止められな … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | 外来生物法、不安のなか施行 はコメントを受け付けていません

花粉症のアザラシが人気

 秋田県立能代水族館で、花粉症のアザラシ、ウルちゃんが人気者になっている。水族館のアザラシといえば「芸達者」だったが、人間との悩みの共有が、ウルちゃんの最大の魅力のようだ。  能代水族館のアザラシ曲芸ショーは毎日3回。ウ … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | 花粉症のアザラシが人気 はコメントを受け付けていません

CO2排出権確保の動きが本格化

 草原と砂漠の国、カザフスタン。西側の国境でカスピ海、東側の国境で中国と接するこの地域に、近く日本から電力・エネルギーの技術者が送り込まれることになった。彼らがめざすのは、カザフスタンにおける二酸化炭素(CO2)排出量の … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | CO2排出権確保の動きが本格化 はコメントを受け付けていません

ブラックバスによる生態系破壊進む

 千葉県鴨川市の鴨川シーワールドで、アシカショーに出演しているアシカ7匹のうち3匹がブラックバスだったことがわかった。河川だけでなく、動物ショーの舞台でもブラックバスによる生態系の破壊が進んでいる状況が浮き彫りになった。 … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | ブラックバスによる生態系破壊進む はコメントを受け付けていません

「地球にやさしい」に新区分

 経済産業、環境の両省はこれまで基準があいまいだった「地球にやさしい商品」について、明確な基準や新しい区分を設けることを決めた。公正取引委員会が「地球にやさしい」といった表示がなにを根拠にしたものか不明との見解を示したた … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | 「地球にやさしい」に新区分 はコメントを受け付けていません

気軽な母性、高度な母性

野口真理子さんは、生まれたばかりの赤ちゃんをガラス越しに見つめながら、何度も幸福感に満ちたため息をついた。産婦人科病棟を訪れた友人たちの言葉も、お世辞とは感じられなかった。 「かわいい小さな手」 「おめめがクリクリしてい … 続きを読む

カテゴリー: 環境 | 気軽な母性、高度な母性 はコメントを受け付けていません