歴史」カテゴリーアーカイブ

陸生化を車輪で促進

 千葉県内のとある工業団地。大型トラックが行き交う道路で、今年の春ごろから猛スピードで疾走する灰色の塊が目撃されるようになった。ある運転手はサイドミラーをのぞいたとき、夢でも見ているのかと思ったという。トラックを猛スピー … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 陸生化を車輪で促進 はコメントを受け付けていません

恐竜の心の悩み探る――大恐竜博

「食べて、食べて、また食べる。1日に食べる葉の量は1日に2~3トン。人間ならすぐ入院を命じられる危険な状態だった」  恐竜博が開催中の幕張メッセで、ブラキオサウルスの巨大な骨の化石をバックに解説するのは精神科医の久佐野香 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 恐竜の心の悩み探る――大恐竜博 はコメントを受け付けていません

付録

カテゴリー: 歴史 | 付録 はコメントを受け付けていません

氷河で大昔の人体を発見

 8月24日、カナダ北部の氷河で、数千年前のものとみられる先住民の人体が見つかった。当時の生活をさぐるうえで極めて重要な手がかりとして、専門家らの注目を集めている。  氷の中から掘り出された大昔の人体としては、1991年 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 氷河で大昔の人体を発見 はコメントを受け付けていません

衝動的進化論 異常の果たした役割

   前橋市の群馬県立現代美術館で2月中旬、作品の前で全裸になった中年男性のAさんが、公然わいせつ容疑で逮捕された。目撃者らの証言によれば、Aさんは警備員の手で展示室の外へ連れ出されるさい、性的な興奮状態にあったという。 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 衝動的進化論 異常の果たした役割 はコメントを受け付けていません

古代史再発見、古墳の名前に異説

 これまで「前方後円墳」であると考えられていた日本の古墳の大部分が、実は「後方前円墳」だったとの説がいま、学界で論議を呼んでいる。  この説を発表したのは豪メルボルン大学のポール・サルター教授。豪国内で発行されている地図 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 古代史再発見、古墳の名前に異説 はコメントを受け付けていません

今日は鍵盤ハーモニカの日

 1850年の5月30日、「吹奏楽器の鬼」ことジョン・マッケンジーが、ロンドンで吹奏式オルガン、今日でいう鍵盤ハーモニカを発明した。マッケンジーがこの日までに製作した楽器は、吹奏式バイオリン、吹奏式テインパニー、吹奏式シ … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 今日は鍵盤ハーモニカの日 はコメントを受け付けていません

素直になれなくて

 そのワトソンという名の青年が、私の研究室に初めて足を踏み入れた瞬間に、私は「美しい」という言葉の意味を知りました。透き通るような肌、女性のような細い指、青く輝く瞳、そして金色の長い髪。その美しさを目にした途端、私は、い … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 素直になれなくて はコメントを受け付けていません

2000年問題なんて、怖くない?

「2000年問題」という言葉が、最近、テレビや雑誌、新聞などによく登場する。2000年問題とは、1999年までに作成されたコンピュータのソフトウェアが、2000年以降、正しく作動しなくなる可能性のことである。  今は何年 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 2000年問題なんて、怖くない? はコメントを受け付けていません

徳川最後のぎゃふん

 慶応四年四月十日の夕刻、江戸城の一角で、ある御前試合が行われた。出場したのは、全国から選りすぐられた、ぎゃふん道の達人、たった三人。  老中、板倉勝静が声高に叫んだ。 「隣の家が囲い作ったってねぇ。かっこいい」  一人 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史 | 徳川最後のぎゃふん はコメントを受け付けていません