コロナ禍で虚無僧拡大活動に注力

 新型コロナウイルスが宗教界にも影響を及ぼす中、感染拡大のリスクが宗教家の中で最も低いと言われる虚無僧が、勢力拡大を目指した活動を本格化させる。これまで若者に敬遠される最大の理由とされてきた深編笠の存在を逆手に取り、他の宗教よりも衛生面で有利であることを強くアピールしていく方針だ。

 9日、東京都内のホテルで開かれた新コスチュームの発表イベント。司会者の高らかな宣言とともにステージ上に現れたモデル役の虚無僧2人が被る深編笠は、後頭部の部分にバッテリー駆動のファンとフィルターが装着されている。

 イベントを主催したのは日本最大の虚無僧団体、一般社団法人日本虚無僧協会(日虚協、本部東京)。その開発部長を務める山木卓氏は「N95マスク相当のフィルタを使用しており、新型コロナウイルスの吸入量をフィルター不使用の場合と比較して10分の1程度に減らせる。強制換気を行うことで熱が深編笠内部にこもらないのも強みだ」と力説する。

 日本ではお盆の帰省時期に合わせて寺院の僧侶が檀家めぐりをしたり、墓で読経するのが通例だったが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、マスク着用のままでの読経やオンラインでの墓参りが推奨されるなど、宗教界にも大きな影響が出ている。山木氏は「虚無僧こそが新しい時代に勢力を伸ばしていける信仰のかたちを備えている」と指摘する。

 しかし一部の托鉢先では、虚無僧が尺八を吹く際に唾液の飛沫が飛散してウイルスが拡散するのではないかとの懸念の声も上がっている。このため日虚協では口を使う必要がないアコーディオンの使用が可能かどうかを調査する実験を開始した。「曲目にも注意を払い、アコーディオンに付き物のモンパルナス臭をできるだけ薄めたい」(山木氏)

カテゴリー: 健康 | コロナ禍で虚無僧拡大活動に注力 はコメントを受け付けていません

ラーメン店がメニュー拡張でコロナ防止に協力

 埼玉県戸田市内のラーメン店「頑固庵」は、メニューを大幅に拡張して新型コロナウイルスの感染防止対策に協力する。手始めに今月中旬からイチゴパフェを発売。将来はフランス料理や満漢全席にもレパートリーを広げる意向だ。

 頑固庵の店主・野沢巧さん(38)歳は店名の通り妥協を許さない頑固な性格が災いし、18歳で社会に出てから20以上の仕事を転々としたが、どの職場でも周囲との衝突を繰り返し、長続きしなかった。2年前に一念発起してラーメン店を開いたが、「私語禁止、ケータイ禁止」といった口うるさい店内ルールにネット上で批判が集中。これに注目したテレビ局が野沢さんをバラエティ番組に起用したことから話題となり、店には連日、多くの人が叱られたさに押しかけ、しばらくは繁盛が続いた。

 しかし、肝心のラーメン作りの技術はいま一つで、ブームが過ぎると客は急減し、今年に入ってからは閑古鳥が鳴く状態。コロナウイルスの影響もあり、閉店を考えていた6月中旬、戸田保健所の職員がのれんをくぐった。

「協力してくれませんか」

 職員の説明はこうだ。県は全力で感染防止に努めているが、手の打ちようがないのが会食の場を通じた感染拡大。店にも営業継続の権利があり、閉鎖を命令するわけにもいかない。せめて飲食をする人が黙っていてくれれば、リスクを抑制することができる……。

 県内3万店の飲食店に県が無料配布を始めたポスターがある。ねじり鉢巻きに黒Tシャツ姿で腕組みしているのが野沢さん。背後には店内に開店当時から掲げられている「私語禁止、ケータイ禁止」の注意書きがある。

 しかし、保健所からの要請を受けた飲食店の大半は、客からの反発を恐れて沈黙要請に踏み切れないでいる。「それなら俺が安全な会食の場を提供する」と一念発起した野沢さんは、ラーメンだけでなく、会社の宴会、顧客への接待、同窓会、法事、デート、学生の合コンなど幅広い飲食ニーズに対応するため、動画サイトで調理法を研究しながら新メニューの開発に取り組んでいる。

 「はい、とろチャーシューみそラーメン1丁。これおまけのビーフストロガノフ。食べてみて」

 突然の試食品サービスに戸惑いながら、客はおそるおそるビーフストロガノフを箸でつまみ、口に運んだ。「ま、まずい」との率直な叫びが口から飛び出すその寸前、厨房から飛んできたレンゲが客の眉間を正確にヒット。店内に唾液飛沫が拡散する事態は食い止められた。

 野沢さんは近く、県主催の講習会でこうした技術を県内の飲食店関係者に伝授することになっている。

カテゴリー: | ラーメン店がメニュー拡張でコロナ防止に協力 はコメントを受け付けていません

スナックふれあい 閉店のご案内

謹啓 まだ六月だというのに盛夏を思わせる暑さが続いております。○○様におかれましては、お元気でご活躍のことと存じます。

 さて、大変急な話で恐縮ではございますが、長年ご愛顧を賜りましたスナックふれあいを、6月15日をもちまして閉店させていただくことになりました。

 昨年10月の開店20周年記念&2代目ママ就任パーティーには、○○様をはじめ、多くの皆さまにご出席いただき、「新ママはまだ半人前、40周年を目指してがんばれ」との叱咤激励をいただいたにもかかわらず、こうしたお手紙を差し上げるのは断腸の思いですが、店名でもある「ふれあい」という接客の基本を見直さなければならない昨今の情勢となり、これ以上店を続けていくことは不可能との判断に至りました。

 大ママであり、母でもある良子も、「仕方がないね。せめて残り少ない日々、ご来店いただいたお客様を精一杯おもてなししましょう」と私の決断に賛同してくれております。

 ○○様には開店当初から多大なるご支援を賜り、本当にありがとうございました。心から○○様のご多幸をお祈り申し上げます。謹 白

スナックふれあい 2代目ママ ほのか

追伸1 最後のお手紙でこのようなことを申し上げるのは大変心苦しいのですが、おしゃれでダンディで気前がよく、ユーモアのセンスも類まれな○○様が、近づきがたい体臭を放っておられることはお気づきでしょうか。○○様がご執心のホステスが次々と辞めてしまうのも、実は「寿退社」などではなく、○○様の体臭が原因です。何度も直接申し上げようと思ったにもかかわらず、今日までその勇気がなかった私をお許しください。

追伸2 実体店に代わり、6月16日に「Zoomスナックふれあい」を開店いたします。それに合わせ、○○様にごひいきいただいた歴代のホステス、▽▽子、◇◇美、△△穂が復帰いたします。3人とも「Zoomなら○○社長に会いたい」と口々に申しております。どうか下記URLのご案内をご一読いただきますようお願い申し上げます。

カテゴリー: 社会 | スナックふれあい 閉店のご案内 はコメントを受け付けていません

首の可動域、10年前の半分

 日本自動車運転医学会の調査で、自家用車を運転する人の首の最大回転角の平均値が10年前の半分に狭まっていることが明らかになった。バックカメラの普及が理由とみられ、今後も縮小傾向が続くとみられる。

 約30年前まで、日本のドライバーの大半は背中を運転席にぴったり付けた状態で頭を180度回転して後方を確認することができた。狭い倉庫の中で作業することの多いフォークリフトのオペレーターは「270度」が採用の条件とされていた。

 こうした状況に変化が生じたのは、車体後方に取り付けられた小型のビデオカメラで撮影した映像を、コンソールパネル中央に設置したモニターに映し出す「バックカメラ」が登場した1990年ころから。当初はバスやトラック向けの装置だったことからまずバス、トラックのドライバーの身体に変化が生じ、装置が低価格化、小型化するに連れてマイカーのドライバーにも影響が広がった。

 日本自動車運転医学会が2009年に一般とプロのドライバー約1000人を対象に行った検査では首関節が回転する平均角度は79度(悪霊に憑依された人を除いて集計)。2019年の調査では42度しかなかった。

 調査にあたった姫路工業大学の三波幸樹教授(臨床運輸工学)は、「カメラの高性能化も影響してドライバーが目次で後方を確認する機会はこれからも減少が予想され、可動域の縮小が健康上の問題を引き起こすことも考えられる。モニター上に『使いすぎは肩こりの原因になります』といった表示を加えて注意を喚起することも必要なのではないか」と指摘する。

 自動車の機能が人体に影響を与えた例としては、他にも、1970年代から80年代にかけてクラッチベダルのない車の増加により足が3本から2本に減少したことが知られている。

カテゴリー: 健康 | 首の可動域、10年前の半分 はコメントを受け付けていません

ウイルス拡散防止 カギ握る[p]

 日本伝染病言語学会は10日、無声両唇破裂音の自粛を呼びかける緊急アピールを発表した。コロナウイルスによる新型肺炎の流行を未然に防ぐのが目的。専門家は、自粛によりマスク使用と同じ水準の拡散防止効果が期待できると説明している。

 無声両唇破裂音とは「パピプペポ」の子音。いったん唇を閉じ、息の気圧で唇を破裂させるように開いて発声する瞬間、唇の上に付着した唾液が50~500ミクロンの飛沫となり、半径1メートルの範囲に拡散することが実験でわかっている。飛沫に病原体が含まれている場合、周囲の人の口、鼻、目などの粘膜から体内に吸収され、感染拡大に拍車をかける恐れがある。

 どの子音や母音も、発声時には飛沫をまき散らすが、無声両唇破裂音は口の動きのために飛沫の量が他の音よりも多い。他の高リスク群の音としては、無声歯茎破擦音(「つ」の子音)や促音(「っ」)などがある。無声歯茎破擦音は舌先と上の歯茎ではさまれた唾液を飛沫化し、促音は息に力学的なエネルギーを蓄積させるとみられる。

 研究者の試算によれば、「ペッパー味のピッツァ」を飲食店で注文した客が店員に向けて飛ばすウイルスの量は450万個。外食業界関係者は「息を吸いながら注文するか、『イタリア焼き胡椒味』と呼んでほしい」と呼びかける。

カテゴリー: 健康 | ウイルス拡散防止 カギ握る[p] はコメントを受け付けていません

血管年齢の世界記録を大幅更新

 英ギネスブックが、「世界最高齢の血管を持つ人物」に、神奈川県藤沢市在住の会社員、浜川誠司さん(56歳)を認定した。従来のこの分野のタイトルホルダーだったウクライナ人女性の記録を10歳以上更新した。

 浜川さんは昨年秋に受けた健康診断で、動脈効果や毛細血管の詰まりなどを根拠に、医師から「血管年齢119歳」との診断を受けた。計算上、浜川さんの血管は東京と大阪の間で初めて電話が開設された1899年に生まれたことになる。

 都立滝野川病院の小倉朋己医師(血管内科)は「血管年齢は若いほど望ましいと思われがちだが、著しく年老いた血管でも生存している人は、胃腸年齢や骨格年齢、神経年齢の若さが血管を補っていると考えられる。今後は血管後期高齢者がポジティブに評価されるようになるのではないか」との見解を示す。

 医師による診断からもうすぐ1年。都内のホテルに近く家族や友人が集まり、タバコや脂っこい料理を揃えて浜川さんの「血管120歳祝賀パーティー」が盛大に開かれる予定だ。

カテゴリー: 健康 | 血管年齢の世界記録を大幅更新 はコメントを受け付けていません

日立製作所 国鉄向け発券システムを復刻

 日立製作所は、かつて日本国有鉄道に納品していた予約発券システム「マルス」を手のひらサイズに凝縮した復刻版を来年発売する。現在も後継システムがJR各社で使用されているマルスの稼働60年を記念した商品だ。

 ゲーム機やパソコンの業界では昨年から今年にかけて、任天堂のファミコン、スーパーファミコン、NECのPC-8001など、歴代のヒット機種をコンパクトなハードウェアで再現した商品が相次いで発売されている。マイクロプロセッサの高性能化で、かつての8ビット機を比較的単純な回路でシミュレートできるようになったことが、相次ぐ復刻版登場につながった。

 日立も1970年代終盤からワンボードマイコン、パソコンを発売しており、パソコンマニアの間では当時の人気機種の復刻の期待が高まっていたが、日立が選んだのは、事業所向けシステムの宣伝にもなる大規模業務用システムの復活だった。マスコミに公開された試作機は、マルス1の操作法を忠実に再現しており、虫ピンを刺して行先や列車の種類などを入力する。

 鉄道ファンは細分化が進み、乗車が専門の人、撮影に熱中する人、ダイヤを研究する人などさまざまだが、予約発券システムは長い間プロだけの領域と見なされ、大規模な鉄道ジオラマを所有する人でも座席予約は受け付けていなかった。マルスの復刻を受け、早ければ来年のお盆前には「みどりの窓口鉄」が登場する見通しだ。

カテゴリー: IT | 日立製作所 国鉄向け発券システムを復刻 はコメントを受け付けていません

虚無僧の暑さ対策、編笠に送風ファン

全国の虚無僧が加盟する一般社団法人日本虚無僧協会(日虚協、本部東京)が本格的な夏の到来を前に、深編笠に装着できる電動送風ファンを開発したと発表した。減少を続ける虚無僧数の反転につなげたいとしている。

電動送風ファンは単3乾電池4本で最大5時間駆動できる。直射日光下での深編笠内の気温は40度以上に達することがあるが、ファンを駆動させれば頭部の体感温度は30度以下まで低下するという。ファンと乾電池は編笠内部に装着されることから、周囲に気づかれずに使用することが可能だ。

日虚協に現在登録している虚無僧は118人と10年前の半分に満たない状態。「三大顔隠し職業」に数えられる溶接工にはすでに大きく水を開けられており、プロレスのマスクマンに抜かれるのも時間の問題とみられている。日虚協では退会者に理由を尋ねているが、「歩きではなく自転車で全国を旅したくなった」「尺八とヒップホップとの融合を目指したが叶わなかった」などの答えと並んで目立つのが、「夏の暑さに我慢ができなくなった」だ。

北関東を中心に30年前から寺に所属しないフリーの虚無僧として活動を続けるベイン山田さんは「冬はともかく、夏の暑さは半端じゃない。意識が朦朧として、周りから指摘されるまで尺八でアフリカンミュージックを演奏していたこともある」と指摘する。

電動送風ファンは1台3000円程度で希望するすべての虚無僧に販売される予定。風量を最大にすると編笠内では台風に匹敵する強さの風が吹くことから、各地で尺八がTMレボリューションの調べを演奏することになりそうだ。

カテゴリー: 社会 | 虚無僧の暑さ対策、編笠に送風ファン はコメントを受け付けていません

世界初の「平成最後」は風雲たけし城?

 平成の終わりまで残りわずか。この年末年始も多くの「平成最後」が出現したが、一般社団法人平成最後協会の調査で、世界で初めて出現した「平成最後」が、アクション系バラエティ番組「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」だったことが判明した。

 「たけし城」は1986(昭和61)年に放送開始、1989(平成元)年4月14日に最終回を迎えた。その後は制作されておらず、このまま今年5月まで新作が放送されなければ、平成の歴史が始まってから約4ヵ月後には早くも「平成最後」を達成していたことになる。当時の番組スタッフによると、番組終了の理由は制作コストの高騰。「平成最後」一番乗りを意識して早期に打ち切ったわけではないという。

 同協会が同時に発表した最大規模の「平成最後」は、2016(平成28)年9月にアルゼンチンのアマチュア天文家ビクトル・ブーソ氏が観測したちょうこくしつ座付近の超新星爆発。ブーソ氏は、爆発が地球での観測の6700万年前に起きたことを理由に、最大規模と最初の二冠に認定するよう協会に要求している。

カテゴリー: 社会 | 世界初の「平成最後」は風雲たけし城? はコメントを受け付けていません

業界が要望、「うまみ」の形容詞

 日本うまみ調味料普及協議会の代表が11日、文部科学省国語審議会を訪れ、うまみを表す新しい形容詞の導入を求める要望書を提出した。「甘い」「辛い」といった味覚との不公平感解消という業界の願いが実現するかどうかが関心を集めている。

 日本人化学者が1907年にグルタミン酸を発見してから、「うまみ」が甘い、しょっぱい、苦い、酸っぱいと並ぶ基本的な味の一つであることは広く認識されているが、他の4つの味に形容詞が存在するのに対し、「うまみ」だけは形容詞が存在しなかった。グルタミン酸の発見の時点で、「うまい」が美味であることを意味する一般的な形容詞として占有されていたためだ。

 このため、テレビ番組のグルメレポートの際に「甘い」「酸っぱい」といった形容詞を使ったストレートな表現が頻出するのに対し、うまみだけは「これはうまみが濃厚ですね」といった冗長な言い回しが使われることが多い。「甘いケーキ、辛い韓国料理、酸っぱいレモンなどと比較して、うまみをたっぷりと含んだ昆布が今ひとつ目立たないのは、味覚が形容詞ではなく、名詞で表現されているため」と、協議会の高橋和広常務理事は指摘する。

 うま味調味料は1970年代まで「化学調味料」と呼ばれており、当時は一部で業界関係者の間で「けみかるい」との形容詞が使用されていたものの、普及する前に社会の自然志向が強まり、業界主導で化学調味料がうま味調味料と呼ばれるようになった結果、「けみかるい」はほぼ消滅した。いまでは粉末ジュース愛好家の間で細々と使われるのみだ。

 一部で浮上しているのは、「美味しい」を意味する「うまい」を「あまい」で言い換え、「うまい」の意味を「豊富なうまみを含んでいる」に限定するとの案。すでにテレビやSNSでは「この天然ホタテ、あまいですね」、「老舗の小籠包だけあって、こってりしているだけでなく、ほんのりとあまい」、「この高級ポテトチップス、とってもあまい」といった広義の表現が目立っており、協議会関係者は早期の形容詞化に期待を寄せるが、日本甘味料工業会など業界団体の猛反発は必至だ。

カテゴリー: | 業界が要望、「うまみ」の形容詞 はコメントを受け付けていません