「流れ」で勝敗正確に予測 高校球児の健康被害防げ

 日本高校野球連盟(高野連)は、全国高校野球選手権大会を9日から「流れ測定方式」に変更して開催すると発表した。高温続きで心配された高校球児の健康被害は、これにより解消に向かいそうだ。

 新方式を可能にしたのは、高校野球に限らず、ほとんどの野球試合の勝敗を決定づける要因として存在がかねてから予言されていた「流れ」の正確な測定と数量化だった。多くの野球解説者は「先ほどまで相手チームに傾いていた流れをファインプレーでこちらに引き寄せた」「こちらに傾きかけた流れをつかむことができず、得点チャンスを逃した」といった現象を認識しているものの、流れが具体的に何を指すのかは球界最大の謎のひとつとされてきた。

 福岡体育大学の浜川鈴子教授らのグループは9年間にわたり2700試合余りを測定することで、内野外野の空気中に含まれるアルゴン分子の分布の微妙なゆらぎが野球の試合の流れの正体であることを突き止めた。浜川教授によればベンチ寄りのアルゴン濃度が高いチームの勝率は98%で、残り2%では選手や指導者に生まれつきのアルゴン体臭の人が含まれていた。

 今年も甲子園では猛暑の中、生身の選手による試合が行われているものの、医師は35度以上の日には直射日光下でのスポーツを推奨しておらず、選手の体に永久的なダメージが残る可能性も指摘されている。甲子園球場の内外野に300個のアルゴン濃度測定器を設置して流れを判定すればほぼ100%の正確度で勝敗でき、選手が涼しい控室で待機したまま決着をつけることができる。

 高野連では福岡体育大学とともに2020年の導入を計画していたが、今年は記録的な暑さが続いていることから前倒しすることを決めた。アルゴン濃度の推移はスーパーコンピューターによるシミュレーションで10日先までほぼ正確に予測できることから、明日の第2試合と第3試合の間に表彰式が行われ、優勝旗の授与が行われる予定だ。

カテゴリー: スポーツ | 「流れ」で勝敗正確に予測 高校球児の健康被害防げ はコメントを受け付けていません。

sinθのcosθ超え目前か──どうなる日本の夏

 摂氏41.1度───埼玉県熊谷市が23日に更新した日本最高気温の記録だ。気象庁が「災害と認識している」と説明した異常な状態は、今後もしばらく続く見通しで、熱中症などの被害拡大が懸念されている。「来年以降も気温が低下に転じる要素はない。日本の夏はこれからも急ピッチで気温上昇が続くのではないか」と、気象庁予報官の一人は不安の表情を浮かべる。

 今後の気候変動に注目するのが幾何学の専門家たちだ。

 「41.1度をラジアンに変換すると2/10πをやや超える程度。しかし、このペースが続けば、東京五輪のころには45度、つまりπ/4を突破する可能性がある」

 幾何学者が懸念するのは、それだけが原因ではない。θ=π/4だとすれば、cosθ=sinθだが、それ以上だとcosθ<sinθと、日本の夏では前例のない異常事態に陥ってしまうのだ。「温帯気候はcosθ>sinθ」という教科書の常識が、もはや通用しなくなる。

 別の研究者は分度器と定規を震わせながら語る。「tanθ>1という不測の事態に、いまから官民一体で備えるべきではないか」

カテゴリー: 環境 | sinθのcosθ超え目前か──どうなる日本の夏 はコメントを受け付けていません。

ワシントン条約で蒲焼のタレを規制か

 スイスで16日から始まったワシントン条約の準備会合で、蒲焼のタレに対する規制について意見が交わされている模様。これまでニホンウナギの資源保護のため厳しい捕獲規制を検討してきたが、実効性が望めないとして、調味料規制に舵を切ったかたちだ。

 ウナギについてはEUを中心に保護を求める声が強まっており、2009年から国際取引が規制されている。来年から規制が一段と強化されるのは確実。しかし、日本のウナギ養殖業界は中国、台湾などからシラスウナギを輸入するなどの方法で規制を回避してきた。このため海外の自然愛護団体からは、「ウナギそのものに対する規制では効果が薄い。他の方法を考えるべき」といった主張も出ていた。

 最近、EU諸国が他のワシントン条約加盟国に打診しているのは、ウナギの蒲焼のタレの製造、売買、所有、使用に対する規制の導入だ。リヨン大学のシャルル・ペドワ教授は「日本人が好きなのはウナギではなくタレ。タレがなければウナギ需要は激減し、種の保存に役立つはず」と指摘する。ペドワ教授が東京で昨年行った実験では、タレを使用していないうな丼を食べた人のうち「もう一度食べたい」と答えた人の比率は、山椒をふりかけたご飯を食べた人のうち「もう一度食べたい」と答えた人の比率を下回ったという。

 海外の自然愛護団体からは「カレー味、ピザ味のタレ使用を義務付けるべき」といった過激な声も上がっており、来年10月に迫ったワシントン条約締結国会議を前に、ウナギの蒲焼を巡る状況は厳しさを増している。

カテゴリー: | ワシントン条約で蒲焼のタレを規制か はコメントを受け付けていません。

中国アスリート、東京五輪に向け「灼熱対策」万全

 香港の日刊紙「蘋果日報」は19日、中国オリンピック委員会幹部の話として、アスリートにとり厳しい環境になることが確実な2020年東京五輪に向け、断熱性、遮光性に優れた特殊なスポーツウェアの開発が完了したと伝えた。

 同紙が掲載した写真によれば、このスポーツウェアは金色に輝いており、金属メッキがほどこされているようにも見える。ウェアだけでなくアスリートの顔や頭、手足も同様にコーティングされている模様。

 蘋果日報は「五輪開催時の東京の野外は気温が40度以上に達するおそれもあり、他国の選手は命の危険にさらされるが、我が国伝統の素材は日光をほとんど反射し、熱が体内に伝わらない。圧倒的な優位は間違いない」との中国オリンピック委幹部の談話を伝えている。

 日本のスポーツウェアの専門家によれば、中国河南省にある山寺では早くからこのような出で立ちで武道の訓練や真剣勝負が行われてきたが、数人一組で戦っても、最終的には通常の格好をした武道家一人に敗れ去ることがほとんどで、恐れるに足りないという。

カテゴリー: スポーツ | 中国アスリート、東京五輪に向け「灼熱対策」万全 はコメントを受け付けていません。

3Dテレビ、近代化産業遺産に申請

 千葉県市川市に住む森川寿夫さんが、個人所有する3Dテレビを近代化産業遺産に登録するよう、経済産業省に申請した。このテレビは2010年製で、認められれば最新鋭の近代化産業遺産となる。

 3Dテレビは国内家電メーカーが2010年頃相次いで市場に投入した。韓国、中国などのメーカーの攻勢に苦戦していた国内家電各社は、3Dテレビで巻き返しを図る考えだったが、専用メガネが煩わしいこと、3D対応のコンテンツが貧弱なことが影響して需要は低迷。国内メーカーはいずれも昨年までに生産を終了し、業界の関心はすでに4K/8Kテレビに移っている。

 森川さんは2010年夏に近所の家電量販店でパナソニック製50インチ3Dテレビを購入。当初は物珍しさから親戚や友人など多くの人が見に来たが、彼らや森川さんが期待していた大相撲中継や時代劇の3D化が実現せず、人気はすぐ下火に。翌年から森川さんは外出時、専用メガネをサングラス代わりに使用している。

 森川さんは近代化産業遺産認定の申請について、「忘れられてから長い時間が経ち、遺産の資格は充分なはず」と語る。認定されれば他の遺産と同様、観光客が森川さん宅のリビングにバスで押しかけるのは確実。「3Dカレーや3Dやきそばも開発して、3Dテレビの分まで経済効果を広げたい」と、森川さんは早くも認定後を見据えている。

 メーカーのパナソニックの関係者は、(すでに近代化産業遺産に認定されている)「二股ソケットだけでいい」と語り、森川さんの提出した申請に対しては静観の構えだ。

カテゴリー: 歴史 | 3Dテレビ、近代化産業遺産に申請 はコメントを受け付けていません。

私の過払い請求

 タカシに初めて会ったのは18歳の春。同じ春に、私の転落が始まりました。

 父は高校教師。母は結婚して家庭に入る前まで父の同僚でした。厳しくしつけられた私は毎日遅くまで勉強し、東京の私立大に入りました。サークルの飲み会で飲み慣れない酒を飲み、ちょっと酔って渋谷を歩いていたとき、タカシにナンパされました。

 それまで厳格に育てられたからあまりに免疫がなかったのか、それとも私の本性がそのとき初めて顔を出したのかはわかりませんが、タカシが私の部屋に転がり込み、同棲を始めるまで一ヶ月もかかりませんでした。

 夢のような毎日でした。タカシが定職についていないことも気になりませんでした。親からの仕送りも学費もわずかなバイト料も、求められるままタカシに渡しました。自然と大学からは足が遠のき、私の乱れた暮らしぶりを知った母は寝込み、父には勘当を言い渡されました。

 それからはスナックで毎晩働くようになりました。でもお金を渡せば渡すほど、タカシにとって私は女ではなく金づるになっていきました。風俗嬢となり、サラ金からの借金も重ね、とうとう首が回らなくなったとき、タカシに「もうお金は渡せない」と初めて告げました。表情から感情が消えたタカシが金目のものだけをバッグに詰め込んで、さよならさえ言わずに家を出て行ったのはその夜のことです。

 地獄を見たのは翌日からでした。借金返済のために、風俗で働いている人にも明かせないような仕事もずいぶんとやりました。利子が利子を産み、なかなか借金は減りませんせんでしたが、40歳になった年に完済することができました。

「よくがんばったね」。安売りの缶酎ハイで独り乾杯しながら、私は自分をほめました。他に誰もほめてくれる人は居ません。家族も友人もいない。親とは20年以上音信不通です。40歳になった私は、これから死ぬまでひっそりと、ひとりで生きていくのかと思った時、タカシが出て行ったあの夜にも感じなかった途方もない寂しさに包まれました。

 部屋の静けさに耐えられなくなり、AMラジオをつけたらCMが流れてきました。

「♪過払い金ならラッキー、ラッキー法律事務所 ノーノー着手金 今すぐコール」

 どのサラ金業者から借りていたかさえ伝えれば、あとは全部手続きしてくれて、過払い金が戻ってくるという夢のような話でした。不幸せが当たり前になっていた私は最後まで半信半疑でしたが、払い戻された過払い金は500万円と、予想外の金額でした。

 これもみんなラッキー法律事務所の先生が親身になって手続きしてくれたおかげです。正直に言えば、こんなことならもっと早く相談しておけば良かったという思いもあります。

 500万円のおかげで、私にも運が向いてきそうです。このどん底から這い出せるかもしれません。まずは私立探偵に頼んで、タカシが今どこで何をしているのか、調べてもらうつもりです。

(ラッキー法律事務所相談事例集から)

カテゴリー: 社会 | 私の過払い請求 はコメントを受け付けていません。

東部住民センターで「Micro B人形展」

 市内在住の田万川泰典さん(72)が上尾市東部住民センターで「USB Micro B人形展」を6日から開催している。

 7年前に市役所を退職した田万川さんは老後の趣味として、紙のこよりを編んで人形を作り始めたが、一緒に暮らす妻、息子夫婦、4人の孫が旧式化した大量のUSBケーブルを捨てようとしているのを見て、素材として再利用することを思いついた。

 ケーブルを縦横に編みながら器用に造形した人形はこれまでに50体ほど。素材となった総延長約5キロのMicro Bケーブルは、町内に寄付を呼びかけたところその日のうちに7キロ分が集まった。今回の人形展には「田舎のガキ大将」「横綱土俵入り」「鉄人28号」など15体の自信作を出展している。

 田万川さんは「3年前にMini B人形展を開いたときよりも曲面の表現に工夫をこらした」と語るとともに、「今後も創作を続けたいので、Type Cのケーブルが余っても捨てないで」と呼びかける。

 人形展は15日までで、入場無料。同センターの開館時間は10時から17時まで。月曜休館。

カテゴリー: 社会 | 東部住民センターで「Micro B人形展」 はコメントを受け付けていません。

サッカー日本代表監督に慶大佐藤研が内定

 複数の日本サッカー協会関係者によれば、次期サッカー日本代表監督に「慶應義塾大学佐藤雅彦研究室」が内定した模様。サッカーチームが組織に指導されるのは異例で、人選の是非が議論を呼びそうだ。

 ある協会幹部はこの人選の理由に、世界のサッカーの潮流の変化を挙げる。「例えば日本対ベルギーの試合終了間際にもぎ取られた1点は、奇跡的なパスの連続の結果だった。これまで日本代表はパスの精度を挙げることに心血を注いできたが、奇跡を当たり前のように実現する手法こそ重要だとの認識が、欧州や南米の強豪国には広がっている」

 慶大佐藤研究室はありふれたモノを組み合わせて奇跡的な動作を実現する「ピタゴラ装置」で豊富な実績を残してきた。その決定力は世界レベルとも言われる。関係者の間では、サッカーにもピタゴラ装置の概念を導入することで、ベルギーなどの強豪国が特異とする奇跡的なボールのつながりが日本代表にも可能になるとの期待が高まっている。

 早ければ今年の秋にも新監督の下で新しいサムライ・ジャパンが発足し、ボール代わりにビー玉を使った練習が始まる見通しだ。

カテゴリー: スポーツ | サッカー日本代表監督に慶大佐藤研が内定 はコメントを受け付けていません。

パンの香り引き立つ「発酵森のバター」

 「おいしいおいしい。何枚でも食べられちゃう」

 都内に住む秋山真子さんの朝の食卓が、目立って賑やかになった。サラリーマンの夫、中学生の長女、小学生の長男が、奪い合うようにトーストを食べている。

 「子供たちは先週まで、『学校に遅刻しちゃうから』と一切れの半分も食べなかったんです。いまは何枚でもおかわりするので、私が遅刻を心配しています」と真子さんは笑う。

 食欲増進剤の役割を果たしたのは、食卓中央で山盛りになっている「発酵森のバター」だ。スーパーで購入した森のバターの存在を一週間程度忘れるだけで、硬い皮の内側で発酵が進み、色も味わいも深みを増す。

 「以前は、少し変色するだけで気持ち悪くて捨てていたんです。でも、「畑の肉」を発酵させた食品をたくさん食べていることに気が付いて、森のバターが発酵したって大丈夫じゃないかと思い始めて…。本家のバターだって発酵させたほうが美味しいですし」

 真子さんはそう言いながら、家族が出かけて静けさを取り戻した食卓に向かい、コーヒーにたっぷりと李錦記のオイスターソースを注いだ「海のカフェオレ」を一人楽しんだ。

カテゴリー: | パンの香り引き立つ「発酵森のバター」 はコメントを受け付けていません。

ミニバンの車体後方にも大型グリル

 トヨタ自動車は2020年以降に発売するミニバンについて、従来のフロントグリルに加え、リアグリルを標準装備すると発表した。後方に対しても存在感をアピールすることで、販売台数の増加につなげるのが狙いだ。

 自動車業界では近年、大きくて派手なフロントグリルがトレンドとなっているが、発表時には注目を集めた大型グリルも徐々に新鮮味を失い、モデルチェンジ時に一段と大きくなる傾向が続いている。狭い道で対向車とすれ違う際、フロントグリルが目立つ方が運転手の押しの強さを周囲に印象付け、早く通り抜けられることも、ユーザーの大型グリル志向を後押ししたとみられる。
 
 なかでも前から見た面積が大きいミニバンの市場では、メーカー間で激しいグリル大型化競争が繰り広げられてきたが、フロントガラスやライトを取り付ける部分にはグリルが取り付けられないため、これ以上の大型化は不可能と考えられていた。

 トヨタはミニバンのバックドアにもグリルを取り付けた車両を試作し、アンケート調査を実施した。その結果、7割の人から好意的な評価を得たことから、2020年以降のモデルにこのスタイルを導入することを決めた。前後2枚のグリルは標準装備とし、メーカーオプションでライトグリル、レフトグリル、トップグリルも装備可能とする。周囲の車が「触らぬ神に祟りなし」として十分な車間距離を取る副次的な効果も期待できそうだ。

カテゴリー: 経済 | ミニバンの車体後方にも大型グリル はコメントを受け付けていません。